JR東日本や富士通などは15日、耳が不自由な乗客向けに、駅ホームのアナウンスや電車の発着音を文字や手話に変換してディスプレーに表示する新サービスの実証実験を、東京都台東区の上野駅で始めた。乗車時の安全性や利便性を高める狙いで、12月14日まで。

 15日午前、上野駅の山手線内回りホームに電車が到着すると、飲料自動販売機の上部に設置したディスプレーに風切り音が「ヒューン」と表示された。発車時には、ドアが閉まることを伝える手話の動画が放映された。

 JR東などによると、音や状態を文字で表現する「オノマトペ(擬態語、擬音語)」にちなみ「エキマトペ」と名付けた。