NHKは14日、在外邦人向けの国際放送「NHKワールド・プレミアム」について、海外の事業者がインターネットでも配信が可能となる「インターネット活用業務実施基準」の変更案を公表した。意見募集などを経て総務省に認可申請する。

 変更案では、来年度からNHKが放送番組を海外の放送事業者だけでなく、動画配信事業者にも提供可能にした。メディア環境の変化で、世界的に放送だけによる多チャンネルサービスの利用者が減り、放送事業者がサービスをやめたり、ネット配信に転換したりする例があるためだという。