京都国立博物館(京都市)は13日、江戸時代の俳人与謝蕪村(1716~83年)が敬愛していた俳人松尾芭蕉(1644~94年)の紀行「奥の細道」の全文を書き写し、挿絵を添えた図巻を見つけたと発表した。蕪村による同種の作品はこれまでに四つが見つかっており、今回で5作品目。

 博物館によると、同種作品は全部で約10あるとされる。見つかった図巻は1777年の制作でそのうちの最古とみられる。図巻は長さ約18m。全文の書写のほか、芭蕉が東北や北陸などを旅する様子を九つの挿絵で表現している。今年2月、所有者の個人が博物館に情報提供し、画風や署名などから蕪村作と確認された。