【北京共同】岸信夫防衛相は12日の日中防衛相会談で、東シナ海での力を背景とした一方的な現状変更の試みに自制を求めた。中国側の反応は明らかになっていないが、軍事行動を正当化し、拒否する構えを示したとみられる。中国は日本の防衛費増額を警戒しており、近く新型空母を進水させるなどして、演習や偵察行動を活発化させる方針だ。

 習近平指導部はシンガポールで12日まで開かれたアジア安全保障会議に魏鳳和国務委員兼国防相を派遣、台湾問題への介入を許さない姿勢を繰り返し発信した。台湾が米中対立の最前線となり、軍事的緊張が高まっていることへの危機感が背景にある。