ホンダは13日、同社の技術者が立ち上げた新興企業ストリーモ(東京)が1人乗りの電動三輪車を年内に発売すると発表した。既存の電動キックボードなどと比べ、歩行時のような低速でもバランスが取りやすく、転びづらいのが特長という。

 商品名は社名と同じ「ストリーモ」。原動機付き自転車の扱いで免許が必要。原則として車道を走行する。1回の充電での走行距離は最大30キロ。最高時速は25キロで、価格は26万円。13日から抽選販売の申し込みの受け付けを開始する。

 同社は段差や傾斜でも体勢を崩しにくく、安定走行できる構造にした。停止時には足をつけずに自立することも可能。