日銀の黒田東彦総裁は13日の参院決算委員会で、外国為替市場で円安が急速に進んでいることについて「先行きの不確実性を高め、企業による事業計画の策定を困難にするなど経済にマイナスであり、望ましくない」と述べた。政府と連携し、市場動向を注視する考えを示した。立憲民主党の杉尾秀哉氏への答弁。

 日銀が大規模金融緩和で金利を低く抑えていることが円安の要因とされているが、黒田氏は「賃金の本格的上昇を実現するためには、金融緩和を粘り強く続けることで、経済をしっかりサポートする必要があると考えている」と説明した。