【キーウ、ワシントン共同】激戦が続くウクライナ東部ルガンスク州セベロドネツク市について、ガイダイ州知事は12日「状況は非常に厳しく、この2、3日が重要だ」と通信アプリで強調した。ロシア軍が一両日中に「全ての部隊を投入する」とも述べ、同市制圧に向け攻撃を強化してくるとの見方を示した。

 ガイダイ氏は11日、ロシア軍の砲撃により同市のアゾト化学工場で火災が起きたと明らかにした。工場には避難した民間人が最大500人いる可能性があるとされる。米紙ニューヨーク・タイムズによると、ウクライナ当局者はロシア軍が数日以内に同市を包囲する可能性があると語った。