【ロンドン共同】英国のエリザベス女王(96)は12日、2016年に死去したタイのプミポン前国王と並び、世界史上2番目に在位期間が長い君主となった。女王とプミポン前国王の在位期間は「70年と126日」で、17~18世紀に約72年にわたって君臨したフランスのルイ14世に次ぐ長さという。英メディアが報じた。

 女王は1952年2月6日、父の国王ジョージ6世の病死に伴い25歳で王位を継承し、53年6月2日に戴冠。2007年12月に英史上最高齢の君主となり、15年9月には在位期間が英史上最長になった。英メディアによると、ルイ14世の在位期間は「72年と110日」。