12日午後5時ごろ、高知県四万十町の住宅で高齢夫婦が倒れていると親族が110番した。県警によると、この家に住む矢野尭子さん(77)の死亡が確認され、首に絞められたような痕があった。県警は13日、尭子さんを殺害したとして殺人容疑で夫の無職孝昭容疑者(80)を逮捕した。

 県警によると、夫婦は2人暮らし。県外から帰省した親族が、それぞれ別の部屋で倒れているのを見つけた。孝昭容疑者は手首付近に切り傷があり、警察官が駆け付けた時にはぐったりした様子だった。殺害をほのめかす供述をしているという。