ロシアから撤退した米ファストフード大手マクドナルドから事業を引き継いだ新たなハンバーガー・チェーン店が12日、首都モスクワなどで営業を再開した。新店名は「フクースナ・イ・トーチカ」(おいしい、それだけ)。インタファクス通信などによると、再開したのは国内の旧マクドナルド約850店舗のうち15店舗。

 マクドナルドがソ連時代の1990年に開いたモスクワ中心部プーシキン広場近くの旧1号店前には、正午(日本時間午後6時)の開店前から長い行列ができた。友人と一緒に並んだコンスタンチンさん(15)は「新しいブランドになって、どんな味なのか早く試したい」と笑顔で話した。