【シドニー共同】オーストラリアのマールス副首相兼国防相は12日、訪問先のシンガポールで中国の魏鳳和国務委員兼国防相と会談した。両国関係は新型コロナウイルスの発生源調査などを巡って冷え込み、首脳・閣僚級の対話は2019年11月以降、電話やオンラインも含め2年半以上実施されていなかった。

 公共放送ABCは「外交凍結に終止符が打たれた」と伝えた。ただ両国関係は、南太平洋のソロモン諸島が中国と締結した安全保障協定や、オーストラリアが導入を決めた原子力潜水艦などを巡って緊張した状態が続くとみられる。