【シンガポール共同】岸信夫防衛相は12日、中国の魏鳳和国務委員兼国防相と訪問先のシンガポールで会談し、戦略爆撃機で5月に日本周辺を共同飛行するなど中国とロシアの軍事行動に重大な懸念を伝達した。「わが国に対する示威活動だ」と述べた。「台湾海峡の平和と安定は国際社会にとって極めて重要だ」と強調。両氏は防衛当局間の対話や交流を促進していくことでは一致した。対面形式の日中防衛相会談は2019年12月以来、約2年半ぶり。

 会談後、岸氏や日本防衛省が記者団に明らかにした。両氏は東・南シナ海情勢やウクライナ危機など約1時間にわたって議論したが平行線に終わったもようだ。