ASO飯塚チャレンジド最終日(12日・麻生飯塚GC=6809ヤード、パー72)26歳の池村寛世が1イーグル、5バーディー、3ボギーの68で通算23アンダーの265とし、第1日から首位を譲らない完全優勝を飾った。昨年10月以来のツアー通算2勝目で、賞金2千万円を獲得した。

 19歳の久常涼、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)が1打差の2位に並んだ。宮里優作と時松隆光が通算21アンダーで4位。大西魁斗、長野泰雅らが6位、桂川有人は9位だった。(出場62選手=アマ1、曇り、気温25・2度、北北西の風2・5メートル、観衆2009人)