【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記はロシアが主権宣言した祝日「ロシアの日」の12日、プーチン大統領に祝電を送り「国際的正義を守り世界の安全を保障するための道のりで、両国の戦略・戦術的協力がさらに緊密になると確信する」と伝えた。朝鮮中央通信が同日報じた。

 祝電は、プーチン氏の指導の下で「ロシア人民は国の尊厳と安全を守るための正義の偉業実現において大きな成果を収めている」と評価した。