【ソウル共同】韓国国防省傘下の韓国国防研究院は11日までに、北朝鮮が今年実施したミサイル発射にかかった費用が4億~6億5千万ドル(約540億~約870億円)に上るとの推計結果をまとめた。関係者が明らかにした。北朝鮮の全国民が新型コロナウイルスワクチンを1回接種可能な金額という。北朝鮮は今年、過去最多のペースでミサイルを発射している。

 研究院によると、北朝鮮は1月から6月5日までに大陸間弾道ミサイル6発、中距離弾道ミサイル1発、短距離弾道ミサイル26発の計33発を発射。費用のうち材料費が5~8割を占め、2億800万~3億2500万ドルと分析した。