大相撲で新型コロナウイルス対策のガイドライン違反による6場所出場停止処分が解けた元大関朝乃山の稽古が11日、東京都墨田区の高砂部屋で報道陣に公開された。三段目での復帰が濃厚な名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)へ24番の申し合いを行い、師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)は「再出発。頑張ってもらいたい」と話した。

 28歳の朝乃山は昨年5月の夏場所中に、外出禁止期間に飲食店へ通っていたことが発覚。日本相撲協会の調査に虚偽報告もあり、厳罰が下された。師匠によると半年ほどは気力が湧かない様子だったが、徐々に落ち着いてきたという。