沖縄県の玉城デニー知事(62)は11日、那覇市で記者会見し、任期満了に伴う県知事選(8月25日告示、9月11日投開票)に再選を目指して立候補すると正式表明した。1期目に続き、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を掲げ「新基地建設は断固として認められない」と強調。普天間の県外、国外への移設や閉鎖、返還を政府に求めるとした。

 辺野古移設に反対する勢力「オール沖縄」が玉城氏を全面支援する見通し。一方、自民党は前回選で玉城氏に敗れた前宜野湾市長佐喜真淳氏(57)の擁立を決めており、今回も事実上の一騎打ちとなる可能性が高い。