【シンガポール共同】岸田文雄首相は11日、シンガポールのリー・シェンロン首相との共同記者発表で、同国と安全保障協力を深化させると表明した。両政府は同日、自衛隊とシンガポール軍との部隊間交流を盛り込んだ覚書に署名。防衛相同士や事務レベル交流の加速を念頭に置き「自由で開かれたインド太平洋」実現へ連携を図る。

 岸田首相は、中国の動向を念頭に東・南シナ海での一方的な現状変更や北朝鮮の核・ミサイル開発を批判し「国際社会は結束して秩序維持と強化に取り組む必要がある」と述べ、シンガポールを含む「同志国」と協力を進める考えを示した。