【シンガポール共同】岸信夫防衛相は11日、シンガポールでのアジア安全保障会議で講演し、中国の威圧的行動を念頭に「国際秩序を守る諸国の重層的な協力により、ルールを無視する試みを阻止することが可能だ」と呼びかけた。各国が強固な連帯を発信し、インド太平洋地域でロシアのウクライナ侵攻のような動きを抑止すべきだと提唱した。午後、日米韓3カ国の防衛相会談に臨む。

 岸氏は講演で「問題を引き起こす主体」として、ロシアや北朝鮮とともに、中国とは明示せず「台湾に対する武力行使の可能性を放棄せず、透明性を欠いたまま軍事力を強化する試みが見られる」と指摘した。