【シンガポール共同】オースティン米国防長官は11日午前、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議で演説し、インド太平洋地域は「米国の戦略の中心だ」とし、関与を強めていく姿勢を強調した。台湾への軍事的圧力を強める中国を念頭に「台湾が十分な自衛能力を維持できるように支援する」と表明した。

 オースティン氏は台湾周辺で中国による挑発的な軍事行動が増加していると指摘。中国の行動は「インド太平洋の安全や安定、繁栄を損なう恐れがある」と警戒感を示した。10日には会議参加中の中国の魏鳳和国務委員兼国防相と初めて対面で会談し米国の立場を伝えており、中国を改めてけん制した。