陸上の世界選手権(7月・米オレゴン州)代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は10日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、追い風1・1mの男子100m決勝はサニブラウン・ハキームが10秒08で3年ぶり3度目の頂点に立った。既に参加標準記録(10秒05)を突破しており、世界選手権代表に決まった。

 2位は10秒10の坂井隆一郎、3位は柳田大輝と続いた。小池祐貴は4位、桐生祥秀は6位。

 女子1500m決勝は東京五輪8位の田中希実が4分11秒83で3連覇を果たし、代表に決まった。同100mは君嶋愛梨沙が日本歴代4位に並ぶ11秒36で初優勝した。