女子プロレスラーのジャガー横田さんの夫で、タレント活動をしている医師木下博勝さんが、セクハラ疑惑などを報じた文春オンラインの記事で名誉を傷つけられたとして、運営する文芸春秋などに1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日、名誉毀損の成立を認め110万円の支払いを命じた。

 伊藤正晴裁判長は記事は真実と認められないとし、「被害者とされる女性について身分を裏付ける資料を求めておらず、連絡先を聞いたかも明確でない。取材結果の信用性は認められない」などと指摘した。

 文春オンライン編集部は「判決内容を精査し、控訴を含め検討する」とコメントした。