財務省と金融庁、日銀は10日、情報交換会合を開き、外国為替市場の円安ドル高傾向を巡って協議した。会合後に声明文を公表し「急速な円安の進行が見られ、憂慮している」と懸念を表明。市場の動向や経済・物価への影響を「一層の緊張感を持って注視していく」と強調した。情報交換会合で声明文を出すのは初めてで、最近の円安進行を強くけん制した。

 会合後に記者会見した財務省の神田真人財務官は、最近の円安は「過度な変動」だと指摘。記者団から為替介入の可能性を問われ「あらゆるオプション(選択肢)を念頭に置いて機動的に対応する」と述べた。