一橋大の留学生対象の入試問題が流出した事件で、数学の解答を依頼された中国人大学生が、画像送信の中継役として偽計業務妨害容疑で逮捕された大学院生李歳寒容疑者(28)の元教え子だったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁は李容疑者や受験生の王嘉ロ容疑者(22)=同容疑で逮捕=が、画像の共有を知人に限ることで発覚を免れようとしたとみている。

 捜査関係者によると、李容疑者は以前、この大学生の家庭教師をしており、試験の数日前に「宿題を手伝ってほしい」と依頼していた。大学生は同庁の任意聴取に「入試問題とは知らなかった」と話している。