フランス伝統の自動車耐久レース、第90回ルマン24時間は9日、ルマンのサルテ・サーキットで予選が行われ、5連覇を狙うトヨタ勢は平川亮らの8号車がポールポジション(PP)を獲得した。ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)が3分24秒408をマーク。トヨタ勢のPP獲得は6年連続となった。

 連覇を目指す7号車は小林可夢偉が運転し、2番手につけた。決勝は11日午後4時(日本時間同11時)にスタートする。(共同)