音楽ヒットチャートのビルボードジャパンは、ストリーミング再生回数やCD売上枚数などのデータを合算した今年上半期のチャートで、男女2人組ユニットYOASOBI(ヨアソビ)が人気度を示すアーティストランキングの1位だったと10日付で発表した。YOASOBIは2年連続で上半期首位。

 集計期間は昨年11月29日から今年5月29日。2位はシンガー・ソングライター優里さん、3位は韓国の音楽グループBTSだった。

 曲の人気度を示す総合ソングチャートは、Aimer(エメ)さんの「残響散歌」が1位、優里さんの「ベテルギウス」が2位。