厚生労働省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織が1日に開いた会合で、オミクロン株が流行する中、無症状の子どもへの検査は公衆衛生上必要など特別な目的がある場合を除き原則不要とする見解を、専門家有志が示した。

 クラスター(感染者集団)や濃厚接触者の調査以外で、保育所や保護者の職場が子どもの感染の有無を確認するために検査を医療機関に求めるケースが増えており、負担が増えている現状を踏まえた。保育所などが無症状の子どもの検査を不用意に医療機関に要求しないよう呼びかけている。