楽天が逃げ切り勝ち。一回に先制打をマークした島内が三回にも適時打を放ち、継投で相手を封じた。辛島は緩急の利いた投球で六回途中まで5安打無失点とし2勝目を挙げた。中日は六、八回とチャンスを生かせず、無得点で敗れた。