サッカーの第102回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は1日、ノエビアスタジアム神戸などで2回戦の29試合が行われ、J1勢は神戸が3―2で富山(富山)に逆転勝ちした。前回優勝の浦和は1―0で福島(福島)に競り勝った。

 川崎は札幌大(北海道)に5―0と大勝。磐田は5―2で松本(長野)に、湘南は3―0でヴェルフェ矢板(栃木)に快勝した。鹿島、横浜M、名古屋なども勝ち進んだ。

 2回戦の残り3試合は8日に実施され、22日の3回戦に進む32チームが出そろう。