若手フランス料理人の登竜門とされるル・テタンジェ賞の第54回国際料理コンクールがパリで5月31日に開かれ、福井市で開店予定のレストラン「ル・ジャルダン」のシェフ堀内亮さん(34)が優勝した。日本人の優勝は3人目で、2018年の関谷健一朗さん以来。同レストランが1日、発表した。

 レストランによると、コンクールは40歳までの料理人が対象で、予選を勝ち抜いた8人の中から堀内さんが1位に輝いたという。

 堀内さんは京都府生まれ。専門学校を卒業後、ホテルなどで経験を積み、渡仏した。帰国後は「パレスホテル東京」のレストランでアシスタントシェフを務めた。