地元経済界、自治体で構成する四国新幹線整備促進期成会は1日、四国の新幹線整備に向けた議論のたたき台として、駅の候補地や経済効果についての調査報告を公表した。同会代表事務局を務める四国経済連合会の石原俊輔特任理事は「新幹線という骨格を作り、バスなど既存の交通手段を組み合わせて地域の公共交通を守りたい」と議論活性化に期待を寄せた。

 調査報告は地元地銀のシンクタンクでつくる四国アライアンス地域経済研究会がまとめた。北陸や九州など他地域の新幹線を使った開発事例を紹介したほか、香川県の高松駅や徳島県の徳島空港など計10カ所を新幹線駅として検討すべき候補地とした。