家計の負担となる食品の値上げが本格化している。帝国データバンクは1日、食品主要105社が年内に実施したか予定している値上げが、同日時点で1万品目を突破したとの調査結果を発表した。食用油や小麦粉の急騰が響き、平均の値上げ幅は13%に上る。値上げのピークは夏だが、秋以降も再値上げの動きが広がりそうだ。為替相場の円安傾向も続いており、価格改定の動きは長期化する恐れがある。

 帝国データによると、年内の値上げは累計1万789品目で、うち6千品目超は6月末までに値上げを実施。さらに7~8月には計約3千品目が、9月以降に千品目程度の値上げが決定済みだ。