仙台市立小の男子児童が1年生だった2021年12月に、同級生から暴行を受けて1カ月のけがを負い、不登校になった際の学校や市教育委員会の初期対応に問題があったとして、被害児童側の代理人弁護士が1日、市内で記者会見した。弁護士は、学校に設置された調査委員会の調査が近く始まると、市教委から連絡があったと明らかにした。

 市教委によると、昨年12月15日、男児は休み時間に同級生8人から胸や股間を殴られるなどして負傷。翌日から学校を欠席し、保護者は警察に被害届を提出した。