宮内庁は1日、上皇さまに「お疲れの様子」があるため、2日に東京都内で予定していた特別展の鑑賞を延期すると発表した。病院での検査や治療は必要ない状態だが、88歳の高齢であることを考慮し、大事を取ったとしている。

 側近によると、5月31日に上皇さまが疲れを感じられている様子がみられた。原因は不明で、発熱などの症状は確認されていない。1日は朝の日課としている赤坂御用地内の散策を取りやめた。上皇后美智子さまも心配しているという。

 特別展は東京・上野の東京国立博物館で開催中の沖縄復帰50年を記念した「琉球」で、上皇ご夫妻で訪れる予定だった。