新生銀行は1日からインターネット専用の定期預金の金利を、大幅に引き上げると発表した。6カ月物では4月末時点の10倍の年0・1%にする。国内銀行が定期預金金利を低く抑える中、他行からの移行による預入金額の拡大を狙う。

 100万円を6カ月預けると、利子は500円(税引き前)となる。最低預入金額は30万円。1カ月物は0・2%、3カ月物は0・1%にそれぞれ引き上げる。店頭での定期預金金利は据え置き、6カ月物で0・01%。国内大手行では、日銀が2016年にマイナス金利を導入したことで、定期預金金利は0・002%まで低下している。