和歌山県太地町の町立くじらの博物館で1日、飼育するクジラの歯磨きが披露された。歯と口の健康週間(4~10日)にちなんだ恒例のイベントで、10日まで毎日3回公開する。

 飼育員が大きなブラシを使ってコビレゴンドウ、オキゴンドウ、ハナゴンドウの3種類のクジラの歯を磨き、それぞれ違う歯の特徴などを解説。

 1日は地元のこども園の園児らを招待し、歯磨きの大切さをアピールした。飼育員に手を添えてもらいながらクジラの歯磨きを体験した岡田李琉ちゃん(5)は「楽しかった。私もしっかり磨きます」と話した。