【ワシントン共同】世界的人気を誇る韓国の音楽グループBTS(防弾少年団)が5月31日、米ホワイトハウスを訪れた。バイデン大統領との面会に先立ち記者会見に出席し、メンバー全員が発言。新型コロナウイルス感染拡大で露呈したアジア系に対する根強い差別への懸念や、多様性の大切さを訴え、憎悪犯罪(ヘイトクライム)撲滅を呼びかけた。

 リーダーのRMさんは記者会見で「ヘイトクライム、アジア系の受け入れや多様性という重要な問題を話し合うことができて、とても光栄だ」と語った。

 バイデン政権は米国でも人気の高いBTSの協力を得て、ヘイト対策の取り組みを進めたい考えだ。