【グラスゴー(英国)共同】ロシアのウクライナ侵攻を受けて延期されたサッカーのワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフで、ウクライナが1日にスコットランドと対戦する。5月31日に会見したDFジンチェンコ(マンチェスター・シティー)は「われわれの夢はただ一つ、戦争が終わること。そしてサッカーではW杯に行くこと」と涙ながらに語った。

 2月に国内全てのサッカー活動が停止し、代表チームは5月にスロベニアで長期合宿を実施。世界中から支援の声が届く中、2006年以来4大会ぶりのW杯出場を目指す。ペトラコフ監督は「難しい状況だがベストを尽くす」と意気込んだ。