【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は9日、退任を前にソウルの大統領府で最後の演説を行った。5年の任期を振り返り、南北対話の契機となった2018年の平昌冬季五輪の成功を挙げ「高まった朝鮮半島の戦争危機を対話局面に転換し、平和と繁栄の新時代への希望を育んだ」と述べた。

 文氏は18年に南北首脳会談を3回行い融和ムードが高まったが、米朝首脳再会談の決裂後に南北関係も膠着。「意志だけでは越えられない壁があった」と吐露した。北朝鮮が今年に入り大陸間弾道ミサイルを発射するなど脅威が増しているが、「対話再開とともに非核化と平和体制の構築へ努力が続くことを願う」と訴えた。