【ソウル共同】1970年代前後の韓国民主化運動を象徴する詩人、金芝河(キム・ジハ、本名金英一=キム・ヨンイル)さんが8日午後、江原道原州市の自宅で死去した。81歳だった。1年ほど闘病していた。聯合ニュースが報じた。

 41年、木浦生まれ。66年にソウル大を卒業。70年、朴正熙政権の特権層の振る舞いを批判する風刺詩「五賊」を発表し投獄された。民主化運動を弾圧した74年の「民青学連事件」で死刑判決を受け、減刑されたが通算7年間を獄中で過ごした。

 日本でも作家の大江健三郎さんら市民による救援運動が行われ、金大中氏と共に韓国の政治犯救援運動のシンボルになった。