東京六大学野球リーグ第5週第2日は8日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、立大が東大を3―2で下して2連勝で勝ち点を2とした。法大と明大は延長十二回の末に2―2で引き分け、法大の1勝1分け。

 立大は2―0の七回に山田の適時二塁打で加点。東大の反撃をかわして逃げ切った。明大は2点を追う九回に上田と山田陸の連続適時打で追い付いた。