日本陸上競技連盟(日本陸連)は8日、東京・国立競技場で7日に行われた日本選手権1万mで、選手と中継カメラのケーブルが接触する事故が起きたと発表した。日本陸連は、影響を受けた選手たちの各所属先に事情を説明して謝罪。中継局のNHKも事実確認を進めており「大変ご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝った。

 陸連とNHKによると、事故はタイムレースで行われた男子2組で発生。優勝した相沢晃選手らがゴールした直後、フィールド内にいたカメラクルー2人がトラックに進入し、レース中だった三田真司選手の首にケーブルが引っかかり、他4選手も減速するなど影響を受けた。