サッカー女子のYogibo WEリーグは8日、相模原ギオンスタジアムなどで行われ、首位INAC神戸がノジマ相模原に3―0で快勝して勝ち点を47に伸ばし、初優勝を決めた。2位三菱重工浦和は勝ち点38で、残り2試合での逆転の可能性がなくなった。

 INAC神戸は田中が2得点し、成宮も加点した。ここまで首位を独走し、15勝2分け1敗で初代女王となった。

 日本初のサッカー女子プロリーグのWEリーグは競技力向上や女性活躍社会のけん引役となることを目指し、昨年9月に開幕。1シーズン目は11クラブが参加している。