愛知県警稲沢署は8日、職務質問しようとした警察官に自転車で突っ込んだとして公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した、稲沢市桜木宮前町、会社役員石田秀彰容疑者(56)が、突っ込んだ際に転倒して意識不明となり、その後死亡したと発表した。

 署によると7日深夜、稲沢市小池の路上で、地域課の男性巡査(23)が自転車に乗った石田容疑者に職務質問しようとしたところ、逃げたため追跡。正面に立ち、両手を広げて停止を求めたが、突っ込んできたという。

 外傷性くも膜下出血や頭蓋骨骨折などで意識不明となり、約7時間半後に死亡した。

 自転車は昨年、盗難届が出ていた。