【キーウ共同】ウクライナ東部ルガンスク州のガイダイ知事は8日、約90人が避難していたビロホリフカの学校を7日、ロシア軍が空爆し、2人が死亡、約60人ががれきの下敷きになったと明らかにした。ゼレンスキー大統領は8日夜、この学校で民間人ら約60人が死亡したと述べた。ロイター通信が伝えた。空爆後、しばらく火災が起きたという。30人が救出された。

 ベレシチューク副首相は7日、南東部の要衝マリウポリでウクライナ側の最後の抵抗拠点となっているアゾフスターリ製鉄所から、全ての女性や子ども、高齢者が退避したと明らかにした。