【ロンドン共同】5日投票の英領北アイルランド議会選(定数90)で、隣国アイルランドとの統一を掲げるシン・フェイン党が初めて第1党となることが確実になった。BBC放送が7日伝えた。88議席の当落が判明し、域内二大政党のうちカトリック系のシン・フェイン党が27議席を獲得。プロテスタント系の民主統一党(DUP)は24議席で、残り2議席を獲得しても届かない。

 シン・フェイン党は、かつての紛争でテロを重ねた過激派、アイルランド共和軍(IRA)の元政治組織。北アイルランドでは1921年以降、英国による統治継続を望むプロテスタント系政党が議会の主導権を握ってきた。