ヤクルトの村上宗隆内野手が7日、東京ドームで行われた巨人8回戦でプロ野球タイ記録の2試合連続満塁本塁打をマークした。プロ野球9人目でセ・リーグ3人目。ヤクルトでは初めて。

 過去には1953年の藤村富美男(阪神)、57年の坂本文次郎(大映)、93年の秋山幸二(西武)、2003年のローズ(近鉄)、05年のベニー(ロッテ)、06年のウッズ(中日)、13年のホフパワー(日本ハム)、18年の杉本裕太郎(オリックス)が記録している。

 村上は6日の巨人戦で放った今季8号となる満塁本塁打に続き、三回にシューメーカーから右越えへ9号を運んだ。