防衛省統合幕僚監部は7日、中国海軍の空母「遼寧」が沖縄県・石垣島の南約170キロの太平洋で6日、艦載の戦闘機やヘリコプターが発着艦したのを確認したと発表した。午前9時から午後9時にかけての長時間に及んだとしている。遼寧からの発着艦は4日連続。太平洋上を東から西に向かい、台湾方面へ移動している形だ。

 中国が空母の訓練を重ねて、緊張関係にある米国や日本に対し、運用能力があることを誇示しようとしている可能性がある。防衛省は、海上自衛隊で事実上の空母化へ改修を進めているヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」を出し、情報収集と監視に当たらせた。