【リビウ共同】ウクライナ西部リビウの国立歌劇場で6日夜、世界に支援を訴えるチャリティーコンサートが開かれた。オンラインチケットの購入者を対象にネットでも配信。収益はロシアとの戦闘で負傷した兵士や民間人を治療する医療機器の購入などに充てるという。

 管弦楽団がウクライナ国歌の後、同国の著名な作曲家リャトシンスキーの交響曲を演奏した。

 指揮者イバン・チェレデニチェンコさんは3月、首都キーウ(キエフ)を巡るロシア軍との攻防の激戦地イルピンで両親を失った。コンサート終了後、「ロシアはウクライナの文化さえも侵そうとしている。世界中の人に知ってもらいたい」と語った。