【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比98・60ドル安の3万2899・37ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な金融引き締めへの警戒感が根強く、売り注文が優勢となった。

 朝方発表された4月の米雇用統計で、非農業部門の就業者数の前月比増加幅が市場予想を上回った。労働市場が力強いことを背景にFRBが金融引き締めを急ぐとの観測が高まり、一時は520ドル超下落した。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も続落し、173・03ポイント安の1万2144・66。